南川クリニック

アクセス

06-6423-3046

MENU

南川クリニックについて

医院創設130年余り、親子4代にわたり、地域の皆様の健康のために。

尼崎市の塚口にて130年余り。女性の生涯をサポートしてまいりました。

南川クリニックは、明治17年創業、明治38年南川病院として産声をあげて以来4代にわたり生命の誕生と女性の健康に携わってまいりました。地域に根ざしたアットホームな雰囲気のもと、患者様の不安や悩みをお聞きし、豊かな人生のお手伝いができるようつとめております。創設当時からの写真や歴代の院長とクリニックの沿革をここでご紹介させていただきます。

歴代院長のご紹介

初代 南川 淳一

二代 南川 欣司

三代 南川 芳之

院長ごあいさつ

地域に密着したホームドクターを目指して

南川 義夫

妊娠・出産の経験を安全に、そして育児を楽しく過ごしていただき、健やかな家庭を築き上げていただきたいというのが私の大きな願いですが、最近は子宝に恵まれない方への治療も急速に進歩しており、この方面への適切な助言も私の大切な役割です。
生活が豊かになり平均寿命が延びつつある現在、女性の生涯も多様なものとなり、豊かな老年期に至る迄、変化に富んだ女性の生涯を実りあるものに出来る様にお手伝いする事が私の使命と考えています。

協力スタッフ

赤垣英子

非常勤医師

赤垣 英子

産婦人科診療に携わって、女性の一生をサポートできる診療を日々心掛けています。
身体的だけでなく、精神的な面もゆっくりとお聞きし、来院された方が笑顔になられることを目指しております。

冨家千鶴

超音波検査技師

冨家 千鶴

産婦人科の分野での超音波検査の進歩は目まぐるしいものがあり、日常診療でも必要不可欠となっています。
私は胎児超音波スクリーニング検査と4Dエコーを行っております。

稲垣美紀

ヨガインストラクター

稲垣 美紀

落ち着いたお産ができますよう、体の柔軟性を高め、呼吸を整える当院オリジナルのマタニティヨガクラスです!
腰痛や足のつりなどマイナートラブル解消や、お産に必要ないきみの練習、リラックス法も行います。
安定期からお産の頃までくりかえしのご参加で、産後の回復も順調に!皆様のお越しをお待ちしております。